ジャパンカップの過去10年のデータが導く3つの傾向とは?

» の1着~3着の予想はコチラ(無料)!!!

ジャパンカップは1981年に創立されてから今日に至るまで毎年11月に開催されているが、その蓄積された過去データからはいくつかの傾向を読み解くことが出来る。

人気上位は好走率高め

まず傾向としては、レース前の人気がかなり如実に反映されることが挙げられる。00年前後のデータから見ても1番人気が4着以下になったのは99年のモンジューのみであり、殆どは3着以内に入り込むようになっている。優勝馬となったのは3回、2、3着が6回と確率的に見ると優勝を逃すことが多いためアタマの予想としては少々厳しいことが否めないが、それでもジャパンカップ予想において事前人気は非常に参考になる情報であると言えるだろう。前走人気も影響が大きく、特に前走で1~3番人気だった馬はジャパンカップでも好走してくれる可能性が高い。

外国馬の見解

ジャパンカップは外国馬も参戦する国際招待競走で、81年に創設された日本初の国際GⅠである。最初の10年では外国馬が8勝しており、日本馬による勝馬は2頭のみであったが、近年は日本産馬有利の傾向にある。過去10年間のレースでジャパンカップを制した外国産馬はたった2頭であり、それ以外の8回は日本産馬が制している。05年のアルカセットを筆頭として上位に食い込む外国産馬もいるので「外国産馬は予想から外して良い」とは言い切れないが、人気が高い外国産馬でなければ割り引いて考えても良いだろう。

割引

ここまでの傾向は「好成績を残す」ことの傾向であったが、逆に成績が悪くなる可能性が高いのが前走人気10番以下であることと、前走10着以下であることである。この2点の条件が重なると、流石にジャパンカップでも好成績を残すことが難しく、特に前走10着以下のは馬は本番ではほとんど凡走する傾向にある。

もちろん競馬では番狂わせも多いにあり得るが、予想の精度をあげるのであればこうした傾向をしっかり把握したうえで予想に臨むようにしよう。

 

3連単の予想が見たい方へ!
昨年2015年のジャパンカップ的中!

1着 15番ショウナンパンドラ
2着 6番ラストインパクト
3着 1番ラブリーデイ
3連単配当 539.2倍 →53,920円的中!

前走天皇賞秋の勝ち馬で1番人気のラブリーデイと天皇賞秋4着馬のショウナンパンドラの2頭軸で勝負。この年に完全に覚醒したラブリーデイと距離が伸びてプラスのショウナンパンドラは絡むと確信して挑んだ馬券は見事に予想が的中!3着も一番来てほしいところが来てくれて配当にも満足する結果となった↓↓
の1着~3着の予想はコチラ(無料)!!!

▼バナーからもどうぞ▼

“ジャパンカップの過去10年のデータが導く3つの傾向とは?” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です