【ジャパンカップ2013】ジェンティルドンナがジャパンカップを連覇できた理由(わけ)とは?

» の1着~3着の予想はコチラ(無料)!!!

2012年-2013年、史上初のジャパンカップ連覇を達成したジェンティルドンナ。’12年の時はオルフェーヴルとぶつかりながらも決してひるまない牡馬顔負けの気合いを見せ勝利を収め、その勢いでドバイ遠征などにチャレンジした。

ジェンティルドンナが連覇を達成できた理由としては騎手の存在が大きかったのではないだろうか。この時の騎手は世界的な大ジョッキーであるライアン・ムーア騎手。ムーア騎手は腕力が強く、馬のコース取りはお手の物。また、内に馬が殺到していてもそれを捌く力があり、そういった才能は海外の競馬で培ってきた賜物であり、日本の騎手でこれが出来るのは”イン突き”を得意とする岩田康誠騎手くらいか。
力ずくで馬を操るムーア騎手と牡馬にぶつけられてもひるまない強さを持つジェンティルドンナの相性が’13年のジャパンカップにおいて威力を発揮したと言えるだろう。

あとはジェンティルドンナの距離適性も強みの1つであった。勝ったレースのほとんどは2400mのレースで、これより短いところだとあと一歩届かないレースが多かった。ジェンティルドンナは2400mという距離でこそ最大の力を発揮する馬であった。この年の枠順も4枠7番と絶好の位置だったのも大きかっただろう。臨戦過程も、秋初戦の天皇賞秋を走って2走目という絶好のタイミングだったのも味方した。こうした調子面や適性における積み重ねが強さとなって現われたのではないだろうか。さらにゴールドシップやエイシンフラッシュなどの有力馬が不発に終わったことも大きい。ムーア騎手との出会い、調子や適性、ライバル馬の不振、こうしたものが全てジェンティルドンナを勝たせる要因となったのだ。

 

3連単の予想が見たい方へ!
昨年2015年のジャパンカップ的中!

1着 15番ショウナンパンドラ
2着 6番ラストインパクト
3着 1番ラブリーデイ
3連単配当 539.2倍 →53,920円的中!

前走天皇賞秋の勝ち馬で1番人気のラブリーデイと天皇賞秋4着馬のショウナンパンドラの2頭軸で勝負。この年に完全に覚醒したラブリーデイと距離が伸びてプラスのショウナンパンドラは絡むと確信して挑んだ馬券は見事に予想が的中!3着も一番来てほしいところが来てくれて配当にも満足する結果となった↓↓
の1着~3着の予想はコチラ(無料)!!!

▼バナーからもどうぞ▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です