ジャパンカップ(2015)の人気予想!有力馬5頭の見解・予想!

» の1着~3着の予想はコチラ(無料)!!!

ラブリーデイ(牡5)

現在重賞4連勝と向かうところ敵なしのラブリーデイ。宝塚記念と天皇賞秋を制して今年はGⅠをすでに2勝。阪神、京都、東京とそれぞれ異なる舞台で勝利しており能力の高さはトップクラス。2000m以上のレースで良い成績を残し続けてきており、2400mの東京での期待値も高い。今年ですでに8戦しているので疲れなども心配だが、これまでの実績から見ても軽視できない存在。体調が万全なら馬券からは外せない。これまで展開などに恵まれて”運”で勝ってきたレースもあるかもしれないが、運も実力のうち。実力だけでなく、この馬が持っている運も魅力の一つだ。

ミッキークイーン(牝3)

今年の春にオークスを優勝し、初のGⅠ勝利を収めたと思ったら秋には秋華賞を優勝。トントン拍子にGⅠを2勝し、女王の座に2度輝いた牝馬。牡馬が相手の重賞は初めてで、さらにメンバーは一線級と不安な面もあるが、斤量が一番軽いということや東京の2400mでの優勝実績があるなどプラスな面も多い。まだ3歳牝馬で伸びしろは大きく、どこまで力が通用するのかに期待が高まる。牝馬による優勝が近年は多いジャパンカップなだけに、注目される一頭である。

ショウナンパンドラ(牝4)

昨年の秋華賞を勝ったGⅠ馬。今年は宝塚記念3着、オールカマー1着、天皇賞秋4着といったように牝馬ながら牡馬混合戦で健闘している牡馬顔負けの強い馬だ。すっかり牡馬相手でも勝ち負けできる馬になり、今回もキレのある末脚を期待したい。東京の実績は【0-1-0-3】と乏しいが、かつてオルフェーヴルでジャパンカップ2着を獲った騎手でもある池添騎手が手綱を握るのも心強い。

ゴールドシップ(牡6)

「白い怪物」の異名を持つ異端児ゴールドシップ。今年は天皇賞春を制してGⅠ・6勝という偉業を達成した。天皇賞春ではゲート入りを散々拒み、スタートもいつものように出遅れたにも関わらず優勝。続く宝塚記念では1.9倍という圧倒的一番人気に推されるも、ゲート内で立ち上がり大幅に出遅れてブービーの15着に終わった。その後ゲート再審査を無事に合格して今回は5ヶ月ぶりにターフへと戻ってくる。有馬記念を最期に引退することが決定しており、残すところジャパンカップと有馬記念の2戦のみ。色々な意味で何かと注目を集める馬なだけに、今回もどんなレースを繰り広げてくれるのか楽しみな一頭である。

サウンズオブアース(牡4)

これまで重賞を7戦してきたが未だ重賞未勝利の4歳馬である。しかし、重賞戦の通算成績は【0-4-0-3】と高い連対率を誇っている。さらに鞍上は’08年にスクリーンヒーローで同レースを制したM.デムーロ騎手というのも心強い。コンビを組むのは3走前の日経賞ぶりで、同馬には5度目の騎乗となる。未勝利戦でも乗っており、伸び盛りの4歳となった今どこまで成長しているかが楽しみだ。秋初戦の京都大賞典を2着で終えて、大一番を前に間隔をあけてジックリと調整されてきた。4度目のGⅠの舞台となるが、悲願のGⅠ勝利となるか。

 

3連単の予想が見たい方へ!
昨年2015年のジャパンカップ的中!

1着 15番ショウナンパンドラ
2着 6番ラストインパクト
3着 1番ラブリーデイ
3連単配当 539.2倍 →53,920円的中!

前走天皇賞秋の勝ち馬で1番人気のラブリーデイと天皇賞秋4着馬のショウナンパンドラの2頭軸で勝負。この年に完全に覚醒したラブリーデイと距離が伸びてプラスのショウナンパンドラは絡むと確信して挑んだ馬券は見事に予想が的中!3着も一番来てほしいところが来てくれて配当にも満足する結果となった↓↓
の1着~3着の予想はコチラ(無料)!!!

▼バナーからもどうぞ▼

“ジャパンカップ(2015)の人気予想!有力馬5頭の見解・予想!” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です