ジャパンカップは荒れるの?歴代人気とオッズから検証してみた!

1~3着のオッズと人気(過去10年)

1~3着 オッズ 人気
2005 1-アルカセット 10.6 3
2-ハーツクライ 7.2 2
3-ゼンノロブロイ 2.1 1
2006 1-ディープインパクト 1.3 1
2-ドリームパスポート 16.2 5
3-ウィジャボード 9.5 3
2007 1-アドマイヤムーン 10.9 5
2-ポップロック 10.5 4
3-メイショウサムソン 1.8 1
2008 1-スクリーンヒーロー 41.0 9
2-ディープスカイ 3.4 1
3-ウオッカ 3.7 2
2009 1-ウオッカ 3.6 1
2-オウケンブルースリ 4.7 2
3-レッドディザイア 9.6 6
2010 1-ローズキングダム 8.8 4
2-ブエナビスタ 1.9 1
3-ヴィクトワールピサ 28.2 8
2011 1-ブエナビスタ 3.4 2
2-トーセンジョーダン 14.1 6
3-ジャガーメイル 106.5 14
2012 1-ジェンティルドンナ 6.6 3
2-オルフェーヴル 2.0 1
3-ルーラーシップ 5.4 2
2013 1-ジェンティルドンナ 2.1 1
2-デニムアンドルビー 29.8 7
3-トーセンジョーダン 100.3 11
2014 1-エピファネイア 8.9 4
2-ジャスタウェイ 6.7 3
3-スピルバーグ 11.3 6

単勝・馬単・3連単の配当金(過去10年)

単勝 馬単 3連単
2005 1,060円 6,330円 15,450円
2006 130円 860円 3,830円
2007 1,090円 8,100円 15,980円
2008 4,100円 25,160円 68,950円
2009 360円 2,020円 11,690円
2010 880円 1,880円 25,110円
2011 340円 4,180円 324,680円
2012 660円 1,580円 5,550円
2013 210円 3,330円 224,580円
2014 890円 7,800円 91,790円

3番人気内は毎年必ず馬券に絡む

過去10年間、3番人気内の馬は毎年1頭は必ず馬券に絡んでいる。さらに言えば、1~3着の馬3頭が1~3番人気のだったことが2度もあり、3番人気位内による連対も2度ある。まずは3番人気内の人気上位馬から考察し、そこから中心に馬券を組み立てていくのがセオリーと言えるだろう。

2桁人気は割引

過去10年で、2桁人気の馬が馬券に絡んだのは2頭のみ。2011年にジャガーメイル(14番人気)が3着、2013年にトーセンジョーダン(11番人気)が3着に入着している。複勝率で言えば6.6%だ。2桁人気の人気薄の馬は割り引いて考えて良いと言えるだろう。

単勝オッズ2.1以下の1番人気は”買い”

過去10年で、単勝オッズが2.1以下だった1番人気は必ず馬券に絡んでいる。1番人気の馬が2.1以下のオッズなら3着位内は堅いと見てよいかもしれない。

比較的堅い傾向

単勝平均は972円、馬単平均は6,124円、三連単平均が78,761円となっている。配当が高くなったのはやはり2桁人気が絡んだ’11年と’13年。それ以外は至って堅めである。上記で記したように、人気上位による好走が多く、高配当はあまり望めなそうである。人気上位の有力馬から軸馬をピックアップし、相手選びに関しては来なそうな人気薄の馬はどんどん切っていってしまっても良いかもしれない。

 

3連単の予想が見たい方へ!
昨年2015年のジャパンカップ的中!

1着 15番ショウナンパンドラ
2着 6番ラストインパクト
3着 1番ラブリーデイ
3連単配当 539.2倍 →53,920円的中!

前走天皇賞秋の勝ち馬で1番人気のラブリーデイと天皇賞秋4着馬のショウナンパンドラの2頭軸で勝負。この年に完全に覚醒したラブリーデイと距離が伸びてプラスのショウナンパンドラは絡むと確信して挑んだ馬券は見事に予想が的中!3着も一番来てほしいところが来てくれて配当にも満足する結果となった↓↓
の1着~3着の予想はコチラ(無料)!!!

▼バナーからもどうぞ▼