ジャパンカップ(2015)の穴馬はコイツだ!独から来た逃げ馬”イトウ”

今年のジャパンカップにぴったりの穴馬をご紹介させていただこう。

はるばるドイツから参戦しにきたイトウ(牡4)だ。

イトウ

名:ITO(イトウ)
生まれ:独国産、牡4(2011/04/17生)
主な勝ち鞍:’15バイエルン大賞(独GⅠ)、’15バーデン企業大賞(独GⅡ)
血統:父Adlerflug、母Iota
調教師:ジャンピエール・カルヴァロ
馬主:ゲシュティート・シュレンダーハン

まずはそのインパクトたっぷりの名前に反応するだろう。「イトウ?伊藤?」「ドイツ馬なのに、伊藤?(笑)」「一番日本らしい名前の馬(笑)」とさっそくツイッターやnetkeibaの掲示板でも盛り上がりを見せている。苗字が伊藤の競馬ファンの人なんかはサイン競馬として買ってみても楽しめるかもしれませんね。

さて、名前以外に注目したい部分はこの馬の脚質である。イトウは逃げ馬。前走のバイエルン大賞(GⅠ、ミュンヘン競馬場)では、芝2400mを逃げ切り、2着馬に4馬身差の差をつけて圧勝している。

騎手はF.ミナリク騎手。デビュー当時からこの馬の手綱を握っている。ミナリク騎手は昨年のジャパンカップにも独のアイヴァンホウという馬で出走し、6着に入着している。アイヴァンホウも前走はバイエルン大賞を出走し優勝している。同じ国から同じローテーションで同じ騎手がまたリベンジしてくるということはそれなりの勝算があるのだろう。

情報も少なく、未知数な馬であるがゆえに買いづらい。当日の人気もおそらくそこまでだろう。脚質的にも怖い存在であるイトウは穴馬にはピッタリの馬ではなかろうか?

 

3連単の予想が見たい方へ!
昨年2015年のジャパンカップ的中!

1着 15番ショウナンパンドラ
2着 6番ラストインパクト
3着 1番ラブリーデイ
3連単配当 539.2倍 →53,920円的中!

前走天皇賞秋の勝ち馬で1番人気のラブリーデイと天皇賞秋4着馬のショウナンパンドラの2頭軸で勝負。この年に完全に覚醒したラブリーデイと距離が伸びてプラスのショウナンパンドラは絡むと確信して挑んだ馬券は見事に予想が的中!3着も一番来てほしいところが来てくれて配当にも満足する結果となった↓↓
の1着~3着の予想はコチラ(無料)!!!

▼バナーからもどうぞ▼